忍者ブログ

Notizen

淡々と記録。

宮城・6(松島海岸・五大堂)

二日目の宿は 松島海岸から少し山の手のところ
宿まで送ってくれた友人は ここで時間切れ

「今」の宮城を見せてくれて本当にありがとう

お礼の一つも出来ないままに 慌ただしく別れた後
宿に荷物を置かせてもらい 早速歩いて松島海岸周辺へ



宿から出たところ
良い坂です




宿の前の道路 向かいに丁度駐車場 兼 イザと言う時の避難場所
おむすび丸は すっかり宮城に馴染んでいる感じ なかなかカワイイじゃないですか♪


ここでいきなり 携帯のカメラ機能が停止(´Д` )

まだ過ごしやすい気温とは言え 日差しは相当きつく
そのような状況下で次から次へと写メを撮っていたために熱暴走した模様


しばらくそのまま放置

日中はデジカメだけで記録



「下まで送りますよ」と宿の人が言ってくれたが そう遠い訳でもなく
のんびり歩道を歩き出せば すぐに目に入る松島湾



右側に歩道橋 その下にはJRの線路 よく見れば2本走っていて
ひとつが東北本線  もう一つが仙石線

「松島海岸駅」は仙石線の駅 東北本線は停まりませんよ

仙石線は ここから石巻方面はまだ復旧していない部分が大半
駅前から代替バスが出ていた 平日の昼間のせいか 乗客は少なめ


むぅの「一人旅」は、旅というよりも放浪で
とりあえず松島海岸の一本道を
あっちへうろうろ
こっちへうろうろ

少し北へ行ったところの「ベルギーオルゲールミュージアム」は
まだ営業再開出来ていないとの事

その建物だけ色あせて見えてしまうのが残念
是非とも復活してほしい


「五大堂」の看板が目に入ったので行ってみる
名前の由来は西暦800年代までさかのぼれるらしい

坂上田村麻呂

なんか歴史で聞いたような覚えはあるけども(日本史苦手)


とりあえず 現在の建物は伊達政宗公が瑞巌寺に先立って建立したものだそうで
桃山建築としては東北最古の建造物


手前の小さなお土産屋さん



知らない人には何の事やら(んふんふ)




お堂の手前から一枚




足下注意。(透かし橋)




遠くに これまた有名な福浦橋




視線をもう少し手前&左に巡らせれば お食事処やホテル 駐車場 そして船着き場
こちら側の船着き場は 未だ修復作業中




お堂の前までやってきて一枚
福浦橋はこの左手奥の方向




さらに右手方向を見ると 観光船の発着場




お詣りして お堂をぐるっと回って元のルートへ




堂々たる石碑が建っていました
7月21日は日本三景の日らしいです




石碑から遊覧船の発着場方面へ少し移動して 五大堂全景を一枚




結構気温が上がりました
ここで13時過ぎ

せっかくなのでもう少し行ってみようと言う事で、早速すぐそこの瑞巌寺へ。


PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
neu angekommen
Profil
HN:
むぅ
性別:
女性
Zaehlwerk
  Copyright 2017 Notizen All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]